株式会社ガーデン

ガーデンの強み

ガーデンの企業文化とも言うべき3つの強み

M & A

企業再生こそが、成長戦略の柱。

2007年の「友伸フーズ」買収をきっかけに、飲食店の再生に注力しています。
社内にM&A特別チームを設け、店舗の立地、業態、人材にフォーカスを当て、再生可能な企業を買い取り、急ピッチでの黒字化を実現。

特徴的なのは、人材を解雇せずにほぼそのまま受け継ぐこと。そうすることで、採用の手間とコストを大幅に削減。モチベーション管理とコーチングを駆使し、受け身ではなく主体性をもって働ける人材を育成。また、ICTやAIも積極的に導入することで、業務を合理化し、その分、少ない人数でクオリティの高いサービスを提供できるように務めています。

そして、グループのシナジーを利用し、材料の大量仕入れによる原価率を抑えた適正価格商品を提供することで、売上向上を図ります。もしも店舗が業績悪化に陥った場合は、グループ内の別の業態・コンテンツへとスピーディに転換。飲食店に限らず、地域のお客さまに必要とされる店舗へとフレキシブルに変えることで、持続可能な企業を目指します。

ライセンス/独立支援

本気の人と、本気で、より良い社会を創造。

ガーデンは、実力主義。モチベーションが高く、自ら考えて行動し、稼ぐ力をつけた人には活躍の機会をどんどん与えていきます。すでに、コミュニケション能力、マネジメントやオペレーションのスキルなど、さまざまなノウハウをスピーディに吸収できる環境が整っていますし、やる気ひとつで昇給・昇進も叶います。

さらに、自社の利益だけを追求するのではなく、多くの人に喜びがもたらされ、笑顔あふれる社会にしたいという願いから、より意欲的なスタッフに対して独立支援を行っています。企業再生で培った知見、有益なデータを惜しみなく提供し、独立後も経営をバックアップ。もちろん、フランチャイズ・オーナー希望者にも同様のサポート体制を用意。

独立心や挑戦心を持った本気の人と、本気でつきあい、より良い社会を生み出していきます。

グローバル展開

インバウンド対応の経験を世界で活かす。

訪日外国人旅行者の増加とともに、ガーデンでもその対応を行っています。まずは、外国人スタッフの雇用。そして、多言語対応のタブレット端末の導入。
これにより、人材獲得が困難な業界にも関わらず、少数精鋭で利益を生み出せる店舗を実現し、外国人客の満足度アップにつなげています。

そもそも、日本のおもてなしは、世界的に見て非常にクオリティが高いもの。そこに、ガーデンならではの合理的で柔軟な思考を加えることで、世界で愛される店舗を生み出すことが可能になると信じています。

今後は、日本文化が広がりつつある世界の大都市圏だけでなく、私たちのサービスを必要としてくれる人がいるエリアを調査・発掘し、積極的に出店。スタッフにも、世界で活躍するという夢を与え、イキイキと働ける環境を提供します。