株式会社ガーデン

企業再生

企業再生による成長

2008年 金融機関の紹介により外食企業の再生を手掛け、本格的に飲食事業へ参入しました。
事業再生のオファーが次々と舞い込み、民事再生を適用した企業再生や、
赤字企業の事業再生に取り組んでいます。

飲食店 再生方法

飲食店の再生には二つの方法があります。

01既存業態の立て直しor02立地に適した業態転換

これまで「横浜家系ラーメン壱角家・横浜道」「肉寿司」「山下本気うどん」の3ブランドを確立しました。
現在ではポテンシャルの高いブランドを進化させ、フランチャイズビジネスとして本格展開を開始しています。
培ったノウハウの投入と、初期投資の削減により既存ビジネスを越えた投資回収効率の高いビジネスパッケージです。

最大の特徴

画像

人材を活かす

人材のモチベーション管理とコーチングを駆使し、受け身ではなく主体性をもって働ける人材を育成します。また、ICT (情報通信技術)を積極的に導入することで、業務を合理化し、その分、少ない人数でクオリティの高いサービスを提供できるように努めています。

画像

持続可能な店舗づくり

材料の大量仕入れによる原価率を抑えた適正価格商品を提供することで、売上向上を図ります。もしも店舗が業績悪化に陥った場合は、別の業態・コンテンツへとスピーディに転換。飲食店に限らず、地域のお客さまに必要とされる店舗へとフレキシブルに変えることで、持続可能な企業を目指します。

実績一覧

当社は多くの企業買収・再生、事業拡大の中で事業健全化のノウハウを蓄積しています。
2020年以降のCOVID-19による影響に対しては、
一般管理費の削減、本部の構造改革、ヒト・モノ・カネといった利益を生む資産の効率化を図りました。

社内には M&A 特別チームを設け、店舗の立地、業態、人材にフォーカスを当て、
再生可能な企業を買い取り、急ピッチで黒字化することで、企業再生を全て(12社)成功させています。

2000 - 2002STORY 01

2000. - 2002. 07

赤字のカラオケ店を次々と再生

大手企業によるカラオケ業界の急速な寡占化が進んでいる中、「赤字のカラオケ店」を居抜きで譲り受け次々と再生。

2002. 05:株式会社大宮電化より不採算のカラオケ事業を事業譲受し再生。

2002. 07:株式会社ランシステムより不採算のカラオケ事業を事業譲受し再生。

画像

2007STORY 02

2007. 06

ステーキ事業を再生
(外食事業へ
参入)

株式会社友伸フーズより不採算のステーキ事業を事業譲受し再生。

画像

2008STORY 03

2008. 02

カラオケ・寿司事業の
経営会社と
提携

カラオケ事業及び寿司事業を営む新和光商事株式会社が民事再生法適用を申請後スポンサーとなったパレス・キャピタル株式会社と企業再生を目的として業務提携。

画像

2008. 07

牛丼・ラーメン・ステーキ事業を
再生

牛丼「どんどん」・ラーメン・ステーキ事業を営み赤字である株式会社友伸フーズ(後の(株)ユウシン)を買収し再生。

画像

2008. 08

カラオケ事業を再生

株式会社ビー・ワイ・オーより不採算のカラオケ事業を事業譲受し再生。

画像

2012STORY 04

2012. 04

カラオケ・ラーメン事業を再生

カラオケ事業及びラーメン事業を運営するマイビス株式会社を買収し再生。

画像

2014STORY 05

2014. 06

牛丼事業を再生

赤字が続く株式会社チカラめしを買収し、横浜家系ラーメンへの業態転換により再生。
現在100店舗を超える。

画像

2015STORY 06

2015. 03

牛丼事業を再生

赤字が続く牛丼事業を運営する株式会社神戸らんぷ亭を買収し再生。

画像

2016STORY 07

2016. 02

ハワイアン事業を再生

不採算のハワイアン事業を運営する株式会社アドリブ、合同会社ハレルヤを買収し再生。

画像

2016. 07

ラーメン事業を再生

博多豚骨ラーメン「一竜」を運営する株式会社トライアングルを買収し再生。

画像

2016. 10

回転寿司事業を再生

不採算の回転寿司を運営する株式会社KSGフードマネージメントを買収し再生。

画像

2016. 11

商業ビル・不動産事業を買収

商業ビル、不動産事業を運営する株式会社サンライズを買収。

画像

2017STORY 08

2017. 03

ラーメン事業を再生

江戸味噌ラーメン「てらっちょ」を運営する株式会社TERAKAZUエンタープライズを買収し再生。

画像

2017. 06

カラオケ事業から撤退

カラオケ事業を40店舗運営する株式会社Airsideを株式会社第一興商へ売却し、カラオケ事業から撤退。

画像

2017. 06

うどん事業を再生

不採算のうどん事業とライセンス契約を締結。
再生と展開を図る。

画像

2017. 06

トンテキ事業を再生

トンテキを運営する株式会社らしくを買収して再生。

画像

2017. 07

肉寿司事業を買収し展開

株式会社肉寿司を買収し展開。現在50店舗を超える。

画像